ブックマークレット

ブックマークレットとは、ブラウザのお気に入りに保存するJavascriptで書かれた小さなプログラムです。(参考:Wikipediaブックマークレットのページ

Wikipedia版

機能

  • 閲覧しているページで、選択した文字列のWikipediaページへ1クリックでジャンプします。
  • 選択した文字列がない場合にはWikipediaのトップページへジャンプします。

使い方

[ Wikipedia ]
  • 上のリンクをクリックしても機能しません。
  • FireFoxやMacOSX Safariの場合、上のリンクをツールバーのリンクボタンの任意の位置へリンクをドラックします。(以上で設定終了)
  • IEの場合は、リンクを右クリックして「お気に入りへ追加」を選択。
  • (Javascriptのコードのため)ブラウザのセキュリティ警告ダイアログが表示されます。
  • 「はい」を選択すると「お気に入り」を追加する場所の選択画面が現れます。「リンク」の中へ保存するとブラウザの上部「リンクバー」にお気に入りとして設置することができます。

  • どこのページを見ていても、クリックすればWikipediaへ。文字列が選択されていると該当するキーワードのページへ行きます。

Google版

機能

  • 閲覧しているページで、選択した文字列のGoogleの検索結果ページへ1クリックでジャンプします。
  • いちいち、キーワードの入力やコピペする必要がありません
  • 選択した文字列がない場合にはGoogleへジャンプします。

使い方

[ Google ]
  • 上のリンクをクリックしても機能しません。
  • FireFoxやMacOSX Safariの場合、上のリンクをツールバーのリンクボタンの任意の位置へリンクをドラックします。(以上で設定終了)
  • IEの場合は、リンクを右クリックして「お気に入りへ追加」を選択。
  • (Javascriptのコードのため)ブラウザのセキュリティ警告ダイアログが表示されます。
  • 「はい」を選択すると「お気に入り」を追加する場所の選択画面が現れます。「リンク」の中へ保存するとブラウザの上部「リンクバー」にお気に入りとして設置することができます。

  • どこのページを見ていても検索したい文字を選択して、ツールバーのこのリンクをクリックすればGoogleの検索結果へ。いちいち文字入力したり、コピペ操作をしなくても検索できます。